朝活について
PR

そもそも朝活とは何?朝活についてわかりやすく解説

いだん
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

朝活(あさかつ)は、”朝活動”の略で、主に朝の時間帯に行われる活動や取り組みを指します。近年、仕事や生活スタイルの変化に伴い、朝の時間を有効活用することが注目され、朝活が盛んに行われるようになりました。

この記事では、そもそも朝活ってなに?って感じている初心者に向けて、朝活について説明します。毎日5時起きを継続している当サイト管理人が、朝活のメリットや実践方法を筆者の事例を交えながら紹介します。朝の時間を有効活用し、より良い人生を送るためのヒントが満載です。

朝活とは

朝活とは、朝早く起きて自分の時間を確保し、有意義な時間を過ごすことを指します。近年、健康や自己啓発への意識の高まりから、朝活を実践する人が増えています。

自分の目的に合わせた活動を行うことが一般的です。

朝活の例
  1. 自己成長や趣味に時間を割く:朝早く起きて、読書や運動、瞑想、勉強など、自己成長や趣味に時間を充てる人がいます。朝の静かな時間を利用して集中力が高まり、生産性が上がるという理由で、このような活動が行われます。
  2. 朝活イベントへの参加:朝に開催されるセミナーやワークショップ、スポーツ活動などに参加することも朝活の一形態です。これにより、朝から自分の興味や関心を深めることができます。

筆者の場合は、ブログを書く、散歩をする、朝活仲間と会話をするなどをしています。

だらだら無意識に過ごさなければ、どんな活動も立派な朝活です。例えば、家事をする、お気に入りのテレビ番組を見るなども朝活にあたります。

朝活のメリット

毎日忙しく過ごす現代人にとって、朝活は充実した生活をもたらすメリットの多い生活習慣です。

朝活のメリット

  • 効率的に活動できる
  • 気持ちよく一日を過ごせる
  • 時間を有効活用できる
  • 生活リズムの管理ができる

>>参考記事:朝活のメリットを紹介|一日を充実さてくれる効果だらけの習慣

朝活の最大のメリットは、効率的かつ気持ちよく活動を実施できることです。その詳細について紹介をします。

効率的に活動できる

脳がリフレッシュされた状態

夜に活動をしていると、昼間の仕事などや眠気で作業が進まないという経験はありませんか?寝ている間に脳がリフレッシュされて、朝はすっきりした状態で活動できます。有意義な活動をより効率的に行うのに、朝は適しています。

活動に集中できる

朝は人から連絡を来ることが少ないです。多くの人は寝ており、早起きをしている人は、目的があって早起きをしていて忙しいからです。そのため、スマホが気にしないで、活動に集中しやすくなります。

気持ちいい一日を過ごせる

朝から活動できた達成感

昼間に仕事をして、疲れて夜に活動ができず、後悔をする。ということを繰り返していませんか?筆者がまさにそうでした。

朝活をすると、自分の取り組みたいことをした状態で一日が始まるため、夜をゆっくり過ごしても達成感を得たまま一日を終えることができます。

日々生活が改善される充実感

朝活を継続していると、活動に対する成果を実感できるようになってきます。そのことが充実感を与えて、活動に一層夢中にさせてくれます。

夢中で取り組むことがあると、嫌なことがあった場合も切り替えがしやすいです。筆者の場合は、昼間の仕事で嫌なことがあった場合も、「まぁいいか、さて…」と切り替えが早くなりました。

朝活の活動例

朝活の種類

ひとりで朝活

ひとりで黙々と朝活に取り組むスタイル。一番シンプルで手間がかからないので最大限時間を有効活用したい方におすすめです。

対面での朝活

朝のカフェなどで人と対面して行う朝活です。人との交流をして、新しい経験や交流を広げたい方に場合におすすめです。

オンライン朝活(チャット)

LINEなどのチャットで朝活仲間と朝活の開始、朝活実績を報告しあう朝活。朝活を習慣化をしたい人におすすめです。

オンライン朝活(通話)

オンライン会議ツールを使って人と通話しながら行う朝活です。チャット形式より確実に朝活を習慣化をしたい人、人との交流をしたい人におすすめです。筆者が一押しする朝活方法です。

合わせて読みたい
そもそも朝活とは何?朝活についてわかりやすく解説
そもそも朝活とは何?朝活についてわかりやすく解説

朝活の内容

朝活を始める前に、なぜ朝活を始めるのか、何を達成したいのかを明確にしましょう。自分の目的に合った朝活を選びましょう。例えば、以下のような活動が考えられます。

おすすめの朝活
  1. 瞑想で集中力を高める
  2. メモ書きで「頭のいい人」になる
  3. 筋トレや散歩で健康的な体を手に入れる
  4. Youtubeやオーディオブックの聞き流しで知識を広げる
  5. ブログやSNSでの発信で影響力を作る
  6. オンラインで人と話して見分を広げる
  7. スケジュールを立てて、効率的な一日を設計する
  8. 朝食を食べて生活リズムを整える
  9. 副業を始めて新しい収入の柱を作る
  10. 転職活動でキャリアを見直す

>>お金をかけずにできる!朝活におすすめの活動10選

朝活を継続させるコツ

朝活を継続するのに最も有効な方法は習慣化することです。これができると、朝活をすることが当たり前の生活になり、自然と継続されるようになります。下記ヒントを参考にぜひ習慣化に取り組んでください。

仲間と一緒に取り組む

人と一緒に朝活をすることで、モチベーションを高く維持することができるので朝活を継続することができるようになります。朝活

イベントに参加をする

朝活に特化したイベントに参加することで、朝活仲間を見つけることができます。例えば、オンライン読書会や英会話サークル、ビジネス勉強会などに参加することで、同じ趣味や関心を持った人たちと出会うことができます。

SNSを活用する

FacebookやTwitter、InstagramなどのSNSで、朝活仲間を探すことができます。自分が興味のある朝活に関するグループに参加することで、同じ趣味や関心を持った人たちと出会うことができます。

アプリを利用する

アプリを利用することで、朝活仲間を見つけることができます。みんチャレがおすすめです。

オンラインで探す

オンライン上で、朝活仲間を探すことができます。ジモティなどを使って募集をしてみたり、応募したりすることができます。

サービスを利用する

朝活をサービスとして提供している場所に参加をすることで仲間を探すことができます。費用がかかることがありますが、朝活をしたい人が集まっているためモチベーション高く継続することができます。

目的を明確にする

あくまで朝活は効率的に活動をする手段であり、目的がないと継続しづらいです。

自分が何のために朝活を行うのか、その目的を明確にすることが重要です。目的を明確にすることで、朝活を継続するモチベーションが高まります。

短い時間で行う

一度に大きな変化を求めると、継続が難しくなることがあります。そこで、朝活を習慣化するためには、小さな一歩から始めることが大切です。例えば、最初は5分だけでも良いので、行うようにすると良いでしょう。

朝活の頻度を上げる

たまにしか朝活をしないと、習慣化は難しくなります。まずは無理のない頻度で始めつつ、そのあとは毎日実施することをおすすめします。一人では毎日継続的に実施できない人は仲間を見つけて一緒にすることが効果的です。

睡眠時間を確保する

朝活を習慣化するためには、睡眠習慣を整えることも大切です。寝不足は二度寝をしてしまうことにつながり、昼間のパフォーマンス低下にもつながってしまいます。筆者が試してみて、実際に効果があったことを紹介します。

寝室にスマホを持ち込まない

寝る前についついスマホを触ってしまう人は、スマホを寝室に持ち込まないことで、布団に入ってから寝付くまでの時間が短くなります。また、睡眠の質を向上させることにも期待できます。

朝布団の中でスマホを触ってしまうことも防止できるためおすすめです。

睡眠の記録を付ける

自分がどれだけ寝ているかを把握することで、睡眠習慣を意識できるようになり、睡眠時間を確保する行動につながりやすくなります。スマートウォッチなどのウェアラブルデバイスを使うと簡単に記録できます。

ABOUT ME
いだん
いだん
朝活サポート
化学系のエンジニアをしている会社員。日々の生活を改善したくて朝活を始めました。

朝活を2年以上継続中。現在は毎日5:00起きで好きなことに取り組んでいます。

朝活をしたいけど続かないという悩みを抱えている方のために、関連する情報を発信していきます。
オンラインコミュニティ

「朝活プラント」のご案内

宣言した時間に起きて、朝活をするコミュニティ
詳細はこちら

  • 寝坊しないようにと意識が働き、早起きできる
  • モチベーション高く、朝活に取り組める
1分で登録|1週間無料

今すぐ始める

オンライン朝活のご案内

サービスのポイント

  • 遅れないようにと意識が働き、早起きできる
  • 会話をすることで目が覚める
  • そのまま続けて朝活に取り組める
新規登録クーポンで500円でできる

招待コード:BH72JB
でさらに1000円分のポイントプレゼント

記事URLをコピーしました