早起き習慣化
PR

朝活は何時から始めるべき?成功者へのアンケートから学ぶ最適なスケジュール設定方法

いだん
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

「朝活」、それは一日の始まりをいかに有効活用するかという生活スタイルの一つですが、皆さんは朝活の”理想的な時間帯”について考えたことはありますか?一般的には何時から何時までを指すのか、さまざまな意見がありますが、ここでは睡眠サイクルや個々の生活スタイルを考慮し、朝活に最適な時間帯を明らかにします。

また、朝活を成功させるためには、ただ早起きするだけではない、その他にも考慮すべき要素があります。実際に朝活で成果を挙げている人々は、どのように時間を設定し、どのような活動を行っているのでしょうか?彼らの声を基に、起きる時間の決め方や朝活時間の調査結果などを紐解いていきます。

この記事を通して、あなたの朝活がより充実したものになるためのヒントを見つけてみてください。

朝活って、そもそも何時から何時まで?

朝活は一般的に、日常の仕事や学校に向かう時間よりも早く起きて行う活動のことを指します。しかし、「何時に起きて何時までが朝活か」という明確な定義は存在しません。人により、朝活の開始時間は大きく異なります。

一般的には、早朝5時から7時の間に始める人が多いとされています。一方で、休日の9時から始める場合も十分朝活であると言えます。重要なことは、「日中の活動に支障が出ない時間」を活用して、自分のやりたい活動にできるだけ時間を充てることです。

朝活成功者に聞いたアンケート結果

朝活を成功させるためのヒントを得るために、朝活成功者たちに対するアンケート調査を行いました。その結果、多くの成功者が共通して行っていることや、活動のポイントが明らかになりました。

アンケートは私自身が提供している朝活サービスの利用者のデータを集計したものです。サービスを通じて朝活をできるようになった人の生のデータになるので、これから朝活を始めたい人に参考になります。

朝活時間の調査結果

アンケート結果によると、朝活成功者は早朝7時半までには朝活を開始しており、活動開始の時間帯として最も多かったのは5時半から6時半でした。

彼らはこの時間を有効活用して様々な活動を行っており、例えば筋トレや資格学習、仕事のスケジュール作成など、一日のスタートに最適な活動を選んでいます。

起きる時間の決め方

成功者たちによれば、起きる時間の決め方は、自身の生活スタイルや体調に合わせた時間設定が基本となります。

  • 会社員の場合:出社する前(7:30)に1時間半の作業時間を確保できるよう5:30起床
  • フリーランスの場合:カフェでの作業するため、カフェの開店時間(7:30)に間に合うように7:00起床

つまり、仕事開始(出社)時間から逆算をして、以下のように起きる時間を決めています。

朝活開始時間 = 仕事開始(出社)時間 ー 朝活をしたい時間(1時間程度)

起床時間 = 朝活開始時間 ー 朝の支度時間(30分程度)

更に、朝活成功者は起床時間と自分に必要な睡眠時間から就寝時間を計算して決めていることもわかりました。

就寝時間 = 起床時間 ー 必要な睡眠時間

必要な睡眠時間は、人によって異なります。自身の体調と相談をしながら、最適な睡眠時間を探してみてください。睡眠時間の把握にはスマートウォッチがおすすめです。

>>参考記事:朝活継続の最強アイテム「スマートウォッチ」のすすめ|選び方や最適機種も紹介

早起きするうえでの悩み事

実際に相談をされた悩み事とその対策について紹介をします。

夜なかなか寝付くことができません

いだん
いだん

最初は大変ですが頑張って早起きしていると、自然と夜に眠たくなってきます。寝室でスマホを触りがちな人は、寝室にスマホを持ち込まないことがおすすめです。

>>参考記事:寝室へのスマホ持ち込みを防止する方法を紹介【早起き習慣化のコツ】

ついつい2度寝をしてしまいます

いだん
いだん

以下の内容を試してみてください。

  • 環境を変える(カフェに行く)
  • 体を動かす(散歩をする)
  • 人と話す(朝活のサービスを受けてみる)

>>参考記事:二度寝を防止する方法|毎朝スムーズに起きる秘策4選

朝活の理想的な時間帯

朝活で最も効果を感じる時間帯は、個々の生活リズムや目標によって異なりますが、科学的な見地からも、朝の光を浴びることによる体内時計の調整や、集中力が自然と高まる早朝を活用することが推奨されます。ただし、それぞれの生活環境や体調、仕事のスタイルに合わせて、無理なく続けられる時間帯を選ぶことが重要です。

睡眠サイクルとパフォーマンス

朝活の理想的な時間帯を決める上で、睡眠サイクルは非常に重要な要素です。人の睡眠は90分程度のサイクルで構成されており、このサイクルを理解して利用することで、目覚めが良く、一日を通じてのパフォーマンスが向上します。

理想的な朝活の時間帯は、浅い睡眠の時期に目覚めることができる時間帯であり、これには前日の就寝時間が深く影響します。例えば、深夜0時に就寝した場合、5時半や7時起きは睡眠サイクルの観点から見ても理想的な時間帯と言えるでしょう。深夜遅くまでの作業や遊びで睡眠時間が削られがちな現代人にとって、いかに質の良い睡眠を確保し、効果的な朝活を行うかが鍵を握ります。

生活スタイルに合わせた時間設定

朝活を行う上で最も大切なのは、自身の生活スタイルに合った時間帯を見つけることです。すべての人に共通する理想的な時間帯というものは存在しません。夜型人間やシフト勤務など、様々な生活リズムを持つ人々がいます。そのため、自分自身の体調やスケジュールを良く理解し、無理なく続けられる時間帯を設定することが重要です。例えば、夜遅くまで作業が必要な人は、無理に早朝に起きる必要はなく、自らの生活リズムに合わせた遅めの朝活が適切でしょう。

重要なのは、「朝活」という枠にとらわれず、自分自身にとって最も活動しやすい、生産性の高い時間を見つけ、それを継続することです。

まとめ:成功者を参考に朝活時間を決めてみよう

朝活は、個々の生活リズムや目標に応じて最適な時間が異なりますが、一般的には早朝から午前中にかけての時間帯が効果的です。睡眠サイクルを考慮し、自分自身が最もパフォーマンスを発揮できる時間を見つけることが重要です。生活スタイルや仕事、学業などの日々のスケジュールを踏まえ、現実的かつ継続可能な朝活計画を立てることが成功のカギとなります。

アンケート結果からも、多くの朝活成功者が仕事開始(出社)時間から逆算をして起きる時間を決め、それを習慣化することで、より充実した一日を送っていることが確認されました。

朝活開始時間 = 仕事開始(出社)時間 ー 朝活をしたい時間(1時間程度)

起床時間 = 朝活開始時間 ー 朝の支度時間(30分程度)

この記事を通じて、読者の皆さんが自分に合った朝活を見つけ、日々の生活にプラスの影響をもたらすきっかけになれば幸いです。

ABOUT ME
いだん
いだん
朝活サポート
化学系のエンジニアをしている会社員。日々の生活を改善したくて朝活を始めました。

朝活を2年以上継続中。現在は毎日5:00起きで好きなことに取り組んでいます。

朝活をしたいけど続かないという悩みを抱えている方のために、関連する情報を発信していきます。
オンラインコミュニティ

「朝活プラント」のご案内

宣言した時間に起きて、朝活をするコミュニティ
詳細はこちら

  • 寝坊しないようにと意識が働き、早起きできる
  • モチベーション高く、朝活に取り組める
1分で登録|1週間無料

今すぐ始める

オンライン朝活のご案内

サービスのポイント

  • 遅れないようにと意識が働き、早起きできる
  • 会話をすることで目が覚める
  • そのまま続けて朝活に取り組める
新規登録クーポンで500円でできる

招待コード:BH72JB
でさらに1000円分のポイントプレゼント

記事URLをコピーしました