朝活習慣化
PR

あなたは朝活派?夜活派?時間を活用するならどっちがおすすめか

いだん
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

私たちの日常生活には、朝から活動を始める「朝活」と、夜に集中して取り組む「夜活」という2つのタイプが存在します。どちらにも、その時間帯ならではのメリットがあり、多くの人が生活の質を向上させるためにどちらかを選択しています。しかし、どちらが自分に合っているかは、個々のライフスタイルや体のリズムに大きく依存します。

この記事では、朝活と夜活の具体的なメリットと、それぞれの時間帯に合った活動の進め方について詳しく解説します。朝活推しの筆者としては、なぜ朝に活動を始めることを推奨するのか、その理由も含めてご紹介します。

朝活と夜活の習慣化におすすめのコミュニティ

【結論】朝活と夜活はどちらでもOK!筆者は朝活推し

朝活も夜活もそれぞれのライフスタイルや性格に応じて最適な方法が異なります。しかし、私は個人的に朝活のメリットが多いと感じています。どちらも素晴らしい時間の使い方なので、自分に合った選択をすることが重要です。

朝活のメリット
  • 効率的な作業ができる
  • 習慣を継続しやすい
  • 生活リズムを管理しやすい
夜活のメリット
  • 自宅以外の環境でも実施しやすい

また、朝活と夜活どちらかだけにする必要はありません。生活リズムや目的に合わせて使い分けることもおすすめです。筆者の以下のように朝活と夜活を使い分けていますので、ぜひ参考にしてみてください。

筆者の朝活と夜活例

項目朝活夜活
時間5:00~7:30(出社まで)21:00~22:00
頻度毎日その日の体力次第
活動内容効率に行いたい作業、習慣として行いたいこと好きなこと、今後やりたいことのインプット
活動例副業(ブログ作成)、本業のスケジュール作成読書、動画学習視聴

そもそも朝活・夜活とは?共通するメリット

朝活とは、一般的に朝早く起きて、一日の始まりに何らかの活動を行うことを指します。対照的に、夜活は夜遅くまで活動を続け、その時間を有効活用することを言います。朝活と夜活は活動をする時間の違いであり、どちらも日々の生活に新たな価値をもたらすための工夫です。

朝活・夜活はどちらも共通するメリットは、気持ちいい1日を過ごせるということです。日々の活動は充実感やポジティブな思考を与えてくれます。

朝活と夜活で気分が良くなる理由
  • 目標に向かって行動すると、充実感を得ることができる
  • 活動で成果が出ると、嫌なことがあった場合でも切り替えがしやすくなる
いだん
いだん

私の場合、昼間の仕事で嫌なことがあっても、「まぁいいか」と早く切り替えられるようになりました。

朝活特有のメリット

朝活特有のメリットは以下の通りです。

朝活のメリット
  • 効率的な作業ができる
  • 習慣を継続しやすい
  • 生活リズムの管理しやすい

効率的な作業ができる

人は1日のに判断をできる上限回数が決まっているとされています。起床後はそれがリフレッシュされた状態で活動に取り組むことで、作業の効率が向上します。これは脳のゴールデンタイムと呼ばれ、起床後2~3時間継続するとされています。この時間に作業をすることで、短時間での成果をあげることができるようになります。

また朝の時間はLINEで連絡をうけるなどの外部の干渉が少なく、集中力を高く保つことが容易です。この時間を利用することで、効率的な作業が可能になり、日中の他の時間帯に比べて作業速度が格段に上がることが多いです。

習慣を継続しやすい

習慣にしたいことを夜にやろうとすると、残業や突然予定などによりその日の疲れ具合が左右されて活動ができないことがあります。朝活にそれらを実施することで、後の出来事に左右されず毎日の習慣を継続することができます。

例えば、「資格を取りたい」、「テストで点を取りたい」などの、何か月も活動を継続しないと達成できない目標でも、朝の時間を活動に充てると習慣化しやすく、これが持続可能な活動を築く助けになります。

生活リズムを管理しやすい

朝活を行うことで、一日の始まりを自分でコントロールすることが可能になります。これにより、時間管理がしやすくなり、生活全体のリズムが整います。

例えば、朝忙しくて朝食を抜いている方は、朝食に時間を使うことで栄養管理を見直すことができます。自分のライフスタイルに合わせた食事を考えるきっかけになるかもしれません。また、朝に早起きして活動することで、夜更かしを防ぎ、健康的な生活習慣を築くことができます。

夜活特有のメリット

夜活のメリットは、自宅以外の環境でも実施しやすいということです。

自宅以外の環境でも実施しやすい

夜活は自宅以外の場所でも行いやすく、自宅では集中できない人でも、作業効率を高めることができます。朝活の場合は、例えば朝6時に自宅以外で活動をしようとした場合には、なかなか自宅以外の場所を見つけることができません。夜であれば、カフェや図書館など、静かで集中しやすい場所を活用することが可能です。

朝活と夜活の選択ポイント

選択

朝活か夜活か悩む人のために、判断材料を紹介します。朝活か夜活を選ぶ場合は、以下の2点を判断材料にしてみてください。

  • 睡眠タイプ(ミュンヘンクロノタイプ)
  • コミュニティに参加したいかどうか

睡眠タイプ(ミュンヘンクロノタイプ)

朝型人間と夜型人間がいます。自分の睡眠タイプに合わせて朝活か夜活かを選ぶと良いでしょう。朝型人間は朝活が向いており、夜型人間は夜活が適しています。自分の体内時計に合った活動時間を選ぶことで、生産性や生活満足度を高めることができます。

ヒトは昼行性で、通常は昼に活動的で夜に休息(睡眠)を取る動物ですが、そのタイミングは一人ひとり少しずつ異なります。この一人ひとりがもつ時間的なタイミングの傾向がクロノタイプです。

個々の生物学的なリズム、「クロノタイプ」を調べることで朝型か夜型かを知ることができます。こちらのサイトから調べることが可能です。

>>外部リンク:ミュンヘンクロノタイプ質問紙

診断結果例

診断結果例

コミュニティに参加したいかどうか

コミュニティに参加することで、情報交換やモチベーションの共有ができ、活動の継続がしやすくなります。朝活や夜活に特化した独自のコミュニティが存在しますが、朝活の方がコミュニティの数が多い傾向があります。自分が人コミュニティを活用して人と交流したいかを考え、活動する時間帯を選ぶと良いでしょう。

オンラインサロンの数

朝活で検索をした場合:36件
夜活で検索をした場合:3件

朝活や夜活を習慣化する効果的な取り組み方

これから朝活や夜活を習慣化したい人のために、効果的な取り組み方を紹介します。ポイントを3つ紹介するので自分に合った方法を試してみてください。

朝活と夜活の習慣化におすすめの方法
  • コミュニティへの参加
  • サービスの依頼、活用
  • アプリの活用

コミュニティへの参加

活動に対するモチベーションを保つために、同じ時間帯に活動をする人々との交流は非常に有効です。朝活や夜活に特化したコミュニティに参加することで、互いに刺激を受けながら継続的に活動を行うことができます。

おすすめのコミュニティは、朝活プラントです。活動の習慣化に特化したコミュニティで、朝活と夜活どちらにも対応をしています。

サービスの依頼、活用

朝活や夜活をより効果的に行うためには、必要なサービスを活用することが重要です。ココナラなどから、サービスを利用することで、自分の能力を最大限に活かし、目標を達成することができます。

アプリの活用

朝活や夜活をサポートするアプリも多数存在します。アプリを活用することで、作業の効率化や目標の達成がより容易になります。

まとめ:時間にこだわらず、活動に時間を充てることが大切

朝活も夜活も、どちらにもそれぞれ特有のメリットがあります。朝活は効率の良い作業が可能で、習慣化しやすく、生活リズムを整えるのに役立つ一方、夜活は場所を選ばず実施しやすいという利点があります。

自身の生活スタイルや目標、睡眠タイプを考え、どちらが適しているかを選択することが重要です。また、コミュニティ参加やアプリを利用することで、どちらの活動もより効果的に行えるでしょう。最終的には、自分に合った方法を見つけ、持続可能な習慣として取り入れていくことが成功の鍵となります。

ABOUT ME
いだん
いだん
朝活サポート
化学系のエンジニアをしている会社員。日々の生活を改善したくて朝活を始めました。

朝活を2年以上継続中。現在は毎日5:00起きで好きなことに取り組んでいます。

朝活をしたいけど続かないという悩みを抱えている方のために、関連する情報を発信していきます。
オンラインコミュニティ

「朝活プラント」のご案内

宣言した時間に起きて、朝活をするコミュニティ
詳細はこちら

  • 寝坊しないようにと意識が働き、早起きできる
  • モチベーション高く、朝活に取り組める
1分で登録|1週間無料

今すぐ始める

オンライン朝活のご案内

サービスのポイント

  • 遅れないようにと意識が働き、早起きできる
  • 会話をすることで目が覚める
  • そのまま続けて朝活に取り組める
新規登録クーポンで500円でできる

招待コード:BH72JB
でさらに1000円分のポイントプレゼント

記事URLをコピーしました